うらと海の子再生プロジェクト

a0118461_1011272.jpg

東日本大震災後にネット上の事で驚いたことがある。
それは個人が企業に直接資金を供給するシステムが出来て実際に動いたことだ。
会社を再建するために数人の経営者が一般の個人投資家の前で再建策や経営方針、商品説明などを行い投資を募るという方法を初めて見た。
これは本物だと思った。
こういう世の中になったんだと感心してしまった。

塩竃市浦戸地区のうらと海の子再生プロジェクトもネットを通して一口1万円の小口出資を一般個人に募っていたので、私も一口乗った。
復興しながら浦戸の名産品を皆様にお送りいたします。
といった趣旨のことだったけど、義援金のつもりもあったので品物のことは気にしていなかった。
そしら・・・
昨日届きました。
丁寧なお礼状に出資への感謝の気持ちと、
 「念願の牡蠣や海苔の生産が可能になりました」
「島民一同力を合わせて頑張ってまいります」とあった。
何というか、ちょっと安心して嬉しさが込み上げてくる。
今晩は牡蠣フライにして家族みんなでいただきます、みなさんの頑張りを。

この新しい形の出資の仕組みが定着する事を願いながら・・・
[PR]
by maenimukaiaruku | 2012-01-22 10:08 | 日々の事