初めての燃焼テスト

ロケットストーブ1号プロトタイプは順調に組み上がり、こうなると早く燃焼状態を見たくて仕方がなくなる。(笑)
各部の状態を確認して薪を用意します。
いよいよロケット発射まで(オイ、違うだろ) 
点火まで秒読みの段階まで来ました。
a0118461_12534980.jpg

ヒートライザー部分を温めた後で焚き口から点火しようと思い、ペーパー着火材を上部から投入します。
a0118461_130270.jpg

投入してみると、一番下はL型継ぎ手になっているため火の付いた着火材は勢い良くT型継ぎ手の焚き口に飛び出してきました。
これには自分のアホさに爆笑してしまいました。
最初から焚き口に着火材投入で事足りたんですよね 037.gif
笑いながら薪投入ですw
a0118461_1383531.jpg

この燃焼は最初から感動でした。
炎がヒートライザーへ凄い勢いで引き込まれていきます。
上部はあっという間に高温です。

a0118461_1319352.jpg

a0118461_13202524.jpg

ここで薪を追加していよいよストーブとして使う為のU型継ぎ手(L型を二つ繋いだ物)をヒートライザー上部に取り付けて上からフタをします。 こうする事で熱はユニット全体に行き渡り、やわらかい放射熱で部屋を暖房する事が出来るはず(オイルヒーターの様に)。
・・・なる予定なんですけどね。 
a0118461_1330338.jpg

そして焚き口と反対側にある排気口からも熱が取り出せるはずなんですが・・・ 
a0118461_13455333.jpg

ところが出口はほとんど温かくない^^; そのうえユニットの上部しか暖まらない。 
この状態だとユニットの上部にファンを付けるとかしないと使えないですね。
まあそれはそれで一つの方法ではありますけど、出来れば自然対流で燃焼させたい。
次回は排気側をきちんとしないといけないなぁと思いながら初回の燃焼テストを終えました。 

テスト後にフタをあけてみるとU型にした継ぎ手が良い色になっていました。
やっぱり凄い熱量なんですよね、何とか有効利用したい。 034.gif      

a0118461_1410790.jpg

[PR]
by maenimukaiaruku | 2012-11-15 14:17 | ロケットストーブ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://omosiroiko.exblog.jp/tb/16802032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kimama-time at 2012-11-16 22:58
おもしろい、実におもしろい、次はどこまで進化するのだろうかと
俄然興味が湧いてきました~
Commented by tomokeda at 2012-11-17 09:56
おはようございます。
立派!すご〜い。さすがっです。
バーキュライと入れると、やっぱり保温効果?あるのですか?
これから岩手は、寒くなるので使った方が良いかしら?

私のブログでロケストの作り方の質問を受けました。
こちらのブログも参考になるので教えました。
事後報告になりますが...よろしくお願いします。
Commented by maenimukaiaruku at 2012-11-19 21:25
kimama-time 様
そうなんですよ! やっていて私自身とても面白いです^^
住宅密集地ではちょっと考え物のストーブですが山間地帯ではかなり威力を発揮しそうです^^ノ
Commented by maenimukaiaruku at 2012-11-19 22:03
tomokeda 様
ブログでロケストを拝見して以来夢中になってます(笑)
バーミュキュライトは確か800℃ぐらいまで耐熱性のある保温材だったと思います。
DIYのお店などで手軽に買えるの断熱材としては最適だと思います。

tomokedaさんのところならこのストーブを暖房に使うのはとても良いと思います。
一晩中燃え続けるストーブがあれば雪下ろしが必要なくなるかも^^
それは無理だとしても朝起きるのが苦にならないかも知れません。
温室用に大型のロクストは実用化されていてとてもいい結果を得ているようです。

こちらのブログを紹介頂いたそうでありがとうございます。
参考になると良いんですけど・・・
基本的にはtomokedaさんのロケストの作り方が一般的で正解だと思います。

本当に面白いですね~^^
色々やってるのでまた時間を見てUPしていきます^^ノ


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。