カテゴリ:焼き鳥器( 16 )


本社工場から船橋営業所に焼き鳥器の出荷です。
これでまた炭火焼きの美味しさを
楽しんでくれる人が増えたら嬉しい^^
焼き鳥器よ、頼んだよ‼


a0118461_16361754.jpg

[PR]
タレくるりんバージョンアップキャンペーンで送られてくる従来のタレ入れをタレくるりんに追加加工して発送しています。
そんな中、従来のタレ入れが良いと言って注文が来た^^;
ちょっと複雑な気持ち。
「ただのコップじゃん」って思ってたのにお客さんは「これが良い」と言って注文して来てくれる。

ご注文頂いた方は以前に(町会で焼き鳥屋さん)を買ってくれた中学校のPTAの人達なんだけど、バザーで5000本位焼き鳥を焼くんですよ。
だからタレ入れをタレくるりんにすると口が狭くなって使いずらいとの事なんでしょうね。

あのですね、分かりました。

家族とか少人数で(お父さんのやきとり屋さん)とかを使ってゆっくり楽しむにはタレくるりん!
イベントなどで(町会の焼き鳥屋さん)とかを使って大人数の人達を相手にする場合はタレ入れ!

用途に合わせてお選び下さい<(_ _)>

a0118461_19311874.jpg


[PR]

a0118461_13055499.jpg


焼き鳥愛好家用のタレ入れが完成して、先月の中頃からバージョンアップキャンペーンが始まっています。
先日キャンペーンに応募してくださったお客様から旧バージョンのタレ入れがメッセージと共に送られて来ました。
このメッセージが嬉しかった。
許可を頂いたのでここに掲載致します。

///////////////////////

この度は「タレくるりん」バージョンアップキャンペーンのご連絡案内ありがとうございます。
確かに、今までタレ入れを傾けて使用していましたが、時々淵からタレをこぼして手元や、足元がベトベトになることがありました。
この度の商品を見て、痒い所に手の届く良い発想だな~と思いました。
まして、購入者無料アップグレードしていただけるキャンペーンまで。
購入者からしてみれば、これほどまでアフターサービスが素晴らしいとは。と、感激しております。
これからも、焼き鳥を美味しく楽しくさせていただきます。
末筆ながら、貴社のさらなるご繁栄をお祈り申し上げます。

//////////////////////

ありがとうございます、これでますます頑張れます^^

”タレくるりん” 無料バージョンアップキャンペーンは来年3月末まで行っています。
旧バージョンのタレ入れをご購入の皆様どうぞこの機会をご利用ください。
待ちしています^^ノ





[PR]
ちょっとこれ見て下さい。
先月の中頃だったか、写真の様に500ccのペットボトルの一部をカットした物が営業所から送られてきました。
「社長~、今こっちではタレ入れにこんなのを使ってるんですけど、これに合わせてホルダー作ってくれませんか」
電話の事務員の声を聴きながら ” これはなかなか面白いな ” と思いました。
それで早速ホルダーを作ってみたんですけど、それが下の写真です。
ホルダーとしてはそこそこ良い物が出来たと思ってました^^

a0118461_10083277.jpg

a0118461_10084239.jpg



ところが・・・
ペットボトルの加工をカッターナイフでやってみると思ったより大変だったんです。
切っていく途中で危うく手を切りそうになっちゃうし、加工した後のペットボトルの切り口も手を切りそうで危ない。
だいたい焼き鳥の度にペットボトルの加工をしなくちゃならないなんてのはどうよ?!
”良いホルダーが出来たとおもったんだけどなぁ~”

おい、ちょっと待てよ! 会社でタレ入れ売ってるじゃないの!
それを使って・・ つまり改良して・・・  これは良い物が出来るかも?!
そしてこんな物が出来ました。


               改良前のタレ入れです。

a0118461_10090028.jpg


タレの流れ止めを付けて、こんなふうになりました。

a0118461_10091050.jpg


横にして使える様にもしてみました。
(後日、実際に使ってみてこの機能は要らないって事になりました)

a0118461_10091792.jpg


a0118461_10092308.jpg


タレが抜群に付けやすくなりました!
これでこそ焼き鳥愛好家用のタレ入れです^^

a0118461_10095459.jpg



実を言うと販売してる商品の中でこのタレ入れだけが自信無かったんですよ。
だって、自分でいうのもなんですけど改良前のはただのステンレスジョッキみたいですもんね^^;
それでも買って下さるお客様がいらして・・・
でもこれでやっと弊社(うち)のタレ入れですって言って出せます。
以前のタレ入れを購入いただいたお客様にはお知らせいたしますが、弊社までの送料を負担して頂ければ無料で改良して再度発送致しますのでご希望の方はどうぞお申込み下さい。
ありがとうございます。


[PR]

一般の人向けの炭火焼鳥器を製造販売している。

改良を重ねながらもう20年以上になる。

プロ用ではないので、「屋外でご使用下さい」とか「火傷に注意」とか使用に当たっての注意事項を取扱説明書に書いてある。


先日、岡山県の居酒屋さんから弊社の焼き鳥器を業務用として使いたいとの要望を頂いた。

プロ用に作ってない事を説明しても熱心に焼き鳥器の事を聴いて来る。

こうなるとこっちも何とかしてあげたい気持ちが頭をもたげて来て、「あの~、一応は一般向けなんですけどね」と言いながら相談に乗った。

勿論、使用条件は注意事項の中に書いてある訳だから室内での使用については自己責任という事になる。

実は以前から業務用として使用してる人は居る様なのだ。


さて、プロ用として売られている焼き鳥器と弊社の焼き鳥器の大きな違いの一つは遮熱にある。

耐火煉瓦を使用して作られるプロ用の物と違って、ステンレス鋼板の折り曲げ加工のみによって成形されている弊社の焼き鳥器は焼き鳥器全体に熱が回る様になっている。

つまり全体が熱くなる。

これは屋外で焼き鳥器を囲んで暖を取りながら焼き鳥パーティーをやるといった状況には最高だけど、屋内で長時間使うのには適していない。


ちょっと考えて外側に遮熱版を取り付けられるように細工をしてみた。

この遮熱版は5mm厚のケイカル板を使って交換が可能な様にした。


a0118461_16202508.jpg



a0118461_16203203.jpg


a0118461_16203860.jpg




a0118461_16204442.jpg

これから燃焼試験を行って遮熱状態を確認しなければならないが、遮熱版を変更したり二重にしたりする必要があるかも知れない。
先ずは最初の一歩だ。







[PR]
スーパーに買い物に出てみると、サンマのコーナーが!
一尾130円です、もう秋ですね~
100円以下じゃないとサンマは買わないと言う家内を説得して4尾ゲット^^
a0118461_1841375.jpg

早速お父さんの焼き鳥やさんで焼き方始め。
a0118461_18412434.jpg
a0118461_18414257.jpg

お皿に美味しそうに乗ってる画像を撮る暇もなく、ご近所さんに配ってしまいました^o^;
ちょっと用事で行ったらサンマの話が出てね、あはは~
我が家は何時でも焼けるしね、次回までおあずけだ・ワン。




[PR]
鳥ひざ軟骨というのが売ってたので焼き鳥で焼いてみました^^
ところがその前の串打ちが凄く大変だったのです。
軟骨と言うだけあって硬い!
串打ち出来ない、でもなんとかしたい・・・ムムム
串をドリルの様に回転させながら刺してやっとこ串打ち完了です。
レバーも良いとこが売ってたので合わせて串打ちしました。

a0118461_224558.jpg


焼き方始めー
a0118461_22462961.jpg


a0118461_224723.jpg


これ、軟骨系が好きな人は最高の一品です!!




[PR]
何だか良い匂いがするな~ と思っていたら!
子供が雪の中でBBQをやってるーーー 003.gif
ついこの間の焼肉パーチーの時に残ったお肉だー
これが実に美味しかった ^^

お肉もだけど、このネギ甘くてウマーーー
ごちそうさん!


a0118461_12455688.jpg
 
a0118461_12462674.jpg
a0118461_12464480.jpg

[PR]
仕事で知り合った人が焼き鳥器を買ってくれました。
しばらくして、
「俺はどうも焼き鳥は上手く焼けないよ」 
と言うので彼の家まで実演に行って来ました。

行く途中で迷子になっておおよその位置を知らせると迎えに来てくれると言うので待っていると、迎えに来たのがこの車。
♪ 緑の中を走り抜けてく真っ赤なポルシェwww
人は見掛けによりません^^
最近やっとこういうのを見ても羨ましいとか妬ましいとか思わなくなりました(笑)

a0118461_16341149.jpg


さて、焼き鳥器を囲んでお互いの人生談義に花を咲かせながら焼いて行きます。
 
a0118461_17204155.jpg

a0118461_1722277.jpg
a0118461_17225529.jpg
a0118461_17281243.jpg

a0118461_17314519.jpg

a0118461_17404182.jpg

a0118461_17413883.jpg


若い時は元気で時々無謀で(笑)
若くて元気な人を生意気だなんて言うでしょう。
それはそれで良いと思うんですね。
生意気=生活き。
生活きの焼き鳥串が人生の炎に焼かれて美味しい焼き鳥になる。
60才凸凹の二人の焼き鳥講習会は続くのでした・・・


[PR]
子供たちが卒業した中学校でこの時期にバザーをやっている。
親父の会OBの私も助っ人で焼き鳥を焼いて来た。

今日の本数は2800本、これを集まったお父さん達14人で焼き上げる^^
食中毒を防ぐ為にネタはボイル串(あらかじめボイルして冷凍保存した焼き鳥串)を自然解凍して使う。

初めて焼くお父さん方もあっという間に焼き方を覚えてどんどん焼いて行く。

午前9時半から午後2時半まで2800本を焼き上げ完売して終了。
皆さん、もう焼き鳥屋になれますよ(笑) 

お疲れ様でした^^


a0118461_16125880.jpg

a0118461_16102666.jpg

[PR]